ホーム > お知らせ一覧 > お知らせ詳細情報

お知らせ情報詳細

高崎信用金庫 健康経営宣言の制定について

高崎信用金庫は、「健康経営」という視点のもと、これまで以上に健康増進活動を推進していくためこのたび「高崎信用金庫 健康経営宣言」を制定しました。

職員の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に取り組む「健康経営」を推進し、職員一人ひとりの健康意識向上のため、組織一丸となり取り組んでいきます。

高崎信用金庫 健康経営宣言

当金庫は地域金融機関として、地域社会・地域経済を活性化するための活動に積極的に取り組んでいます。

地域の皆様に親しまれ、信頼され、必要とされる「たかしん」であり続けるためには、活動する職員自身が心身ともに健康で、明るく活き活きと働くことが必要不可欠であると考えています。

当金庫は職員の健康を重要な経営資源であるとの考えに基づいて、職員とその家族に対して、今まで以上に健康保持・増進に対する取組みを積極的に行い、組織の活性化と活力ある職場づくりを推進し、引き続き地域社会とともに発展していくことを宣言いたします。

平成29年10月6日
高崎信用金庫
理事長 新井 久男

取組内容

○生活習慣病対策
  • 定期健康診断および人間ドックの完全実施と再検査の徹底
  • 北関東しんきん健康保険組合と連携した健康増進活動の推進
  • 喫煙率の低下
○メンタルヘルスケアの推進
  • セルフケア意識の向上およびラインケアの強化
  • ストレスチェックの実施と集団分析結果を踏まえた職場環境の改善
  • 職場内におけるコミュニケーションの更なる充実
○ワークライフバランスの推進
  • 所定外労働時間の削減を図るため、週1回全部店一斉「ノー残業デー」および月1回、部店単位の「ノー残業デー」を実施する
  • 新しい記念日休暇等の制度導入による有給休暇の取得推進
    ※平成28年度有給休暇取得率47.1%(一人平均取得日数8.8日)を平成31年度までに50%以上に引き上げる
ページの先頭に戻る