私たちの成長 Staff Voice-02 入庫2年目 ―

着実にスキルを身に付け、お客さまから感謝される金融人を目指したい。

2017年入庫 融資係 清水洋平

Profile

大学で経済学を専攻したことから、地域経済に貢献する仕事をするため<たかしん>へ。中学時代からソフトテニス部に所属し、現在も休みの日は友だちとテニスを楽しんでいる。

金融の主要業務のひとつである融資業務からスタート

人材教育に力を入れる『たかしん』では、新入職員は金融機関の三大業務である預金または融資の内部業務から始めることになっています。私の場合は、地域からお預かりしたお金を地域のためにご用立てる融資係に配属になりました。具体的には、融資に関する各種書類の作成や準備や実行、融資しているお客さまの管理、融資窓口における受付業務です。

最初は、先輩職員によるOJTで、基本的な業務知識とスキルを身に付けることからスタート。心掛けていたのは、相手の目を見てあいさつすることや、教えていただいことは必ずメモをとること。また、自分一人で判断することはミスのもとなので、疑問に思うことは周囲にきちんと質問するようにしていました。

着実に業務の幅を広げることでお客さまから感謝される喜びを実感

こうした取り組みが実り、担当できる業務の幅を徐々に広げてきました。現在では、融資窓口で、融資のご相談に来店されたお客さまの受付業務を担当できるようになりました。それに伴って、仕事のやりがいがいっそう大きくなったのです。

先日も、フリーローンのご相談に来店されたお客さまの受付を担当。その後の融資の審査をうけるための稟議書の作成から実行まで一貫して行い、お客さまから感謝していただくことができました。思ったとおり、地域の皆さまのお役に立てるのは、うれしいものですね。お客さまのもとに直接訪問する営業係になれば、こうしたチャンスをもっと得られます。そのためにも、着実にスキルアップしていきたいと思っています。

1日のスケジュール

8:40
出勤。店内を清掃、開店の準備。
9:00
開店。電話等でお客さま応対を行うかたわら、融資の実行手続。
12:00
昼食。先輩方と一緒に食事。
13:00
業務再開。お客さまのご依頼を受け、両替の硬貨をお届け。
14:00
帰店。融資に関する書類を作成する。
16:00
閉店。締めの作業と明日の準備。
17:20
退庫。

私が“たかしん”を選んだわけ

高崎に生まれ育ち、大学は都内でした。初めて地元を離れて生活し、改めて地元の良さを実感したのです。そのため、就職活動では地元の企業に絞って活動しました。<たかしん>を選んだのは、私を育成してくれた地元に貢献できる仕事がしたかったからです。

ページの先頭に戻る