私たちの成長 Staff Voice-01 入庫1年目 ―

営業係として、お客さまにご満足いただける提案ができるようになりたい。

2017年入庫 営業係 北村将寛

Profile

大学時代、ダンス部に所属。ヒップホップに取り組んだことから、現在もオフタイムにはダンスレッスンで汗を流している。長期の休みには、旅行に出かけることも多い。

臨時の窓口業務で、お客さまとコミュニケーションする楽しさ

<たかしん>では、新入職員研修の一貫として、初めは先輩たちがすぐに面倒を見られる庫内業務でキャリアをスタートすることになっています。私の場合は、窓口の後方で通帳の作成や入出金の処理等を行う後方事務の業務から始めることになりました。

当然ですが、初めは専門用語もわからない状態でした。でも、先輩方の丁寧な指導で、着実に業務知識やスキルを習得。慣れてくると、窓口係の先輩が昼食等で席を離れているとき、窓口に座る機会もありました。初めはご用件を承るのに精いっぱいで、世間話等をする余裕はありませんでしたが、徐々にコミュニケーションを取れるようになり、地域のお客さまとふれあう楽しさを感じられるようになりました。

営業活動で、お客さまから感謝される喜びを経験

後方事務から営業係に配置換えになったのは、入庫1年目の10月です。先輩から個人や法人のお客さまを引き継ぎ、担当になったお取引先へのあいさつ回りからスタート。定期積金や売上金等の集金業務を中心にしながら、投資信託や年金保険といった金融商品の提案を行っています。

まだまだ先輩のようにはいきませんが、お客さまに感謝していただける喜びも経験することができました。ご高齢のお客さまから、“終活”に関するご相談を受け、本部のサポートを受けながらご家族の負担が少なくなる相続方法をご提案。喜んでいただくことができたのです。お客さまにご満足していただける営業活動ができるよう、さらにスキルアップしていきたいと思っています。

1日のスケジュール

8:40
出勤。職場の清掃や朝礼、営業活動の準備を行う。
9:00
営業活動へ。集金のかたわらお客様のニーズを伺う。
12:00
帰店。集金してきたお金の入金処理。昼食はお客さまが経営する飲食店へ。
13:00
午後の営業活動へ。集金と金融商品のご提案。
15:30
帰店。集金したお金の入金処理と書類作成、明日のスケジュール確認。
17:20
退庫。

私が“たかしん”を選んだわけ

就職活動を始めた当初は、漠然と都内での就職を考えていました。でも、いろいろな業界を研究するなかで、徐々に仕事に対する意識が高まり、何か社会の役に立つ仕事がしたい気持ちが強まったのです。そこで、目に止まったのが<たかしん>でした。

ページの先頭に戻る