私たちの成長 Staff Voice-03 入庫3年目以降 ―

ファーストコールが頂けるよう、金融に関する知識・スキルを高めたい。

2011年入庫 営業係 佐復 栄祐

Profile

地元で活躍したいと思い、金融やメーカーを中心に就職活動を展開。実家が『たかしん』と取引があり、小さい頃から馴染みがあったことから入庫を決めた。融資係として経験を積み、3年目から営業係として活躍している。

新入職員時代は、初めてのことばかりで毎日が新鮮

新入職員のキャリアステップとして『たかしん』では、基本的に1年間を研修期間に位置づけ、預金係や融資係といった内勤で業務知識を学ぶことになっています。私の場合は、最初に配属になった支店の事情もあって、2年間にわたって融資係を担当することになりました。

印象に残っているのは、ほとんど業務知識のない状態からのスタートだったので、毎日がとても新鮮だったことですね。とりわけ、それまで企業の決算書など見る機会がなく、最初は見方が全くわかりませんでした。それが経験を積むにしたがって、徐々に見方がわかるようになり、仕事の面白さが倍増しました。また、融資窓口で受けた自動車ローンの相談で、受付から決裁のための稟議書の作成、実行まで一連の流れを1人で初めて行ったときのことも、忘れられない思い出です。

お自分の成長が、お客さまの役に立つことにつながる喜び

こうして融資事務で、じっくり経験を積むことができたので、営業係の仕事もスムーズに始めることができました。定期積金や売上金の集金等でお客さまのお宅を定期的に訪問しているので、お金に関するさまざまなご相談をいただきます。地域に密着したフェイス・トゥ・フェイスの活動に力を入れている『たかしん』の強みですね。

もちろん、そうしたお客さまの期待に応えられるよう、金融に関する知識・スキルを高めていくことが欠かせません。営業係として意欲的に取り組んでいると、自然と知識・スキルが身に付いてきます。つまり自分の成長が、お客さまのお役に立つ仕事につながっているのです。これからも貪欲に知識・スキルの習得に努め、お客さまファーストコールがいただけるようになりたいと思っています。

忘れられない言葉

営業係になって間もなくの頃、先輩から言われた「常に80%の仕事を心掛けよう」という言葉が、すごく印象に残っています。これは、手を抜くという意味ではなく、20%の余力を残しておくことで、お客さまの「いざ」というときに役立つためのものです。

私のモットー

スピーディな対応をモットーにしています。県内では複数の金融機関があります。競合する金融機関があるなかで、実績を上げていくためには、お客さまのご要望にできるだけ早く対応することが大切だと思っています。

新入職員に求めるもの

自分がそうだったように、知識もスキルもない新入職員ができることには限りがあります。でも、あいさつや元気のよさには、先輩後輩は関係ありません。まずは、あいさつをしっかりすることや元気よく仕事に取り組むことを心掛けてほしいと思います。

ページの先頭に戻る