私たちの成長 同期対談

同期対談

学生から社会人になって、取り巻く環境が大きく変化する中、大きな力になるのが環境を共有する同期の存在です。同期のことや仕事のことを語り合ってもらいました。

中村 優里

地元の金融機関を中心に就職活動を展開。実際に営業店を訪れた際の職員の親切で温かな対応が決め手となって『たかしん』に入庫。支店の融資係で経験を積み、2019年4月に地域サポート部に異動。個人サポート担当として活躍中。

伴 みなみ

都内の大学に進学し、地元の良さを再確認。暮らしに密着した金融機関なら、より多くの人たちに貢献できると思い『たかしん』に入庫。本店の預金係として経験を積み、2019年4月に地域サポート部に異動。個人サポート担当として活躍中。

現在の私たちがあるのは、何でも相談し合える仲の良い同期がいたからです!

同期みんなとの交流が楽しかった新入職員時代

2人は、非常に仲が良いと伺っています。初めて会ったときの印象を教えてください。

数年前のことなので、記憶があいまいなのですが、10月の内定式のときだったと思います。でも、印象に残るほどの出会いではなかったと思います。

初めて会ったのは、8月の内定者懇談会のときじゃない?特に、印象に残っているわけではないから、記憶違いをするんですね。(笑)

そうか。内定式の前に懇親会がありましたね。(笑)

そうすると、出会いは入庫前なんですね。その後は?

新入職員研修のときから話すようになりました。当初は同期のなかで、まだ特に仲がいいというわけでありませんでしたが、みんなでいろんな話をして、楽しかったです。

当時は、新入職員研修を一緒に受ける仲間ということで、同期みんなの仲が良かったと思います。研修が終わった後に、みんなで食事に行ったり、資格の勉強も一緒にした記憶があります。

新入職員研修の思い出はありますか?

最初の集合研修ですね。紙幣を数える「札勘」やオペレーション研修など初めてのことばかりで不安でした。でも、指導してくれた先輩から「最初はみんなできなくて当然だから」と励ましの言葉をもらい、勇気づけられました。

私は最初の研修より、それぞれの部門に配属になった後の月1回のフォロー研修のほうが印象に残っています。同期みんなの顔が見れて、かつ仕事ぶりも聞けたので、すごく安心できました。

互いに助け合うことで、不安や悩みを解消

最初の店舗は、お二人それぞれ別の店舗に配属になりましたよね。

そうです。私が配属になったのは、本店の預金係です。初めは、先輩について窓口の後方で実際のオペレーションを行う後方事務からスタート。業務の基本を学びながら経験を積み、窓口業務も担当することができました。

私は支店の融資係に配属になりました。先輩について、業務の基本を学ぶのは一緒ですね。経験を積み、申込みから融資が可能かどうかを判断するための稟議書の作成、実行まで一人で担当できるようになり、お客さまから感謝される喜びも味わうことができました。

二人の仲がよくなったのは、いつからですか?

半年位して、研修後の食事会で意気投合して、その後は二人だけでも食事や飲みに行くようになりました。

不思議と気が合うんです。だがら、何でも相談することができました。仕事だから、ミスして落ち込むことや悩むことだってあります。答えは出なくても、伴ちゃんに話を聞いてもらえるだけで、気持ちがすごく楽になるのです。

それは私も同じです。一緒にいて楽しいから、長期休暇を合わせて毎年、海外旅行にも一緒に行っているんです。

海外旅行で、一番思い出に残っているのはどこですか?

私はアラブ首長国連邦のドバイです。林立する超高層ビルがすごくて、びっくりしました。

私も同じ。砂漠の中に超近代的な都市が広がっていて、当時は治安もよかったので、女子二人旅にはピッタリでした。

本当に息がピッタリなんですね。(笑)

同期は何でも相談できる“心の支え”

2019年4月からは、配属先が一緒になりましたね。

そうなんです。互いに辞令をもらって、びっくりしました。でも、私に営業の仕事ができるかどうか不安だったので、中村さんが一緒とわかってとても安心しました。

私も初めての仕事をするにあたって不安だったので、仲のいい伴ちゃんがいることにとても勇気づけられました。

現在の仕事に、どんなやりがいを感じていますか?

お客さまに、金融商品のご提案や年金手続きのお手伝いをする仕事なので、お客さまからの感謝の言葉が一番のやりがいです。

私も地域の皆さまのお役に立ちたくて『たかしん』に入ったので、お客さまからダイレクトに感謝していただけることが一番のやりがいですね。年金のお手続きをしたお客さまから感謝の年賀状をいただいた時は本当にうれしかったです。

最後に、二人にとって『同期』はどんな存在か教えください。

仕事のことやプライベートなことまで、何でも話せる良き相談相手です。

私も本当にそう思います。何でも相談できる“心の支え”です。

ページの先頭に戻る